介護の求人について「仕事の種類」と「仕事内容」を知ろう!

介護の求人について「仕事の種類」と「仕事内容」を知ろう!

『現代の介護事情について』

現在の日本は、世界の各国と比較しても高齢化しており、一般的に”高齢者”と定められている65歳以上の人口が日本は約3400万人いると言われています。日本人の4人に1人が高齢者という現状です。なので、今後は増加傾向にある高齢者を支援しサポートする仕事は広範囲に拡大していく事が予想されています。将来、介護の仕事に就く事を考えている人にとっては大変需要があり、歓迎される業界になる事でしょう。
 

『介護の仕事とは?』

介護の仕事は、老人ホーム等の福祉施設で、高齢者が生活する上で必要な身の回りのお世話をする仕事になります。老人ホームで暮らす利用者の方が、生き生きとその人らしい快適な生活を送っていける様にサポートしていく事を目指しています。
『資格は必要か?』
介護の仕事は、介護保険制度上、基本的には資格を持っていなくても就業する事が可能な業種になります。しかし、実際には「ホームヘルパー2級以上」や「3年以上の実務経験」を条件として提示している施設が多いので、介護福祉士資格があると就職にはかなり有利になります。 人材を雇う側としても、より専門性に優れた質の高いサービスを利用者に提供出来る人材を確保したい為、時給や給与に関しても無資格な方より労働条件の待遇が良くなります。
『介護職で働く場所』
  • 【24時間体制の介護施設】
・特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
・介護老人保健施設       
・有料老人ホーム
・認知症グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
これら”介護入所型施設”の場合は、24時間体制で職員は勤務します。
  • 【日帰り施設】
・デイサービス(通所介護)
・デイケアサービス(通所リハビリテーション)
これらは、利用者が日中のみ滞在する日帰り施設での介護になります。
他にも・・・
在宅利用、日帰り利用、宿泊利用のサービスを提供している小規模多機能施設もあります。
『介護職の具体的な仕事内容について』
毎日、職員は分刻みで入所している利用者さんの身の回りのお世話を行っています。朝起床した時から就寝するまで、介護をします。1日24時間を通して利用者の介護を行うので、勤務は交替制になっています。日々の仕事では、利用者の方が生活を送る中で自分では出来ない部分を職員が援助しサポートしていきます。
例えば・・・
【朝】
・着替え  ・ 食事
・洗顔   ・服薬
・排泄
等を介助していきます。
【日中】
・趣味活動  ・手作業
・転倒予防体操
等、利用者を温かく見守りながら、楽しい活動や運動指導等も行っています。
【夜】
・利用者の訴えに対応する
 ⇨・トイレに行きたい
  ・眠れない    
等の要望を職員は対応していきます。
・オムツ交換の巡回
このように、介護職は終日入居している利用者のお世話を行います。
もう少し具体的に介護で行われる主な仕事内容をこれから詳しくご紹介したいと思います。

茨城・千葉の有料老人ホーム|ご長寿くらぶ

介護・デイサービスの求人・転職【茨城・千葉】

 

新着ページ