介護の求人について「仕事の種類」と「仕事内容」を知ろう!

仕事内容の詳細

入浴介助
【入所型の場合】:午前中と午後の2回
【通所型の場合】:午前中に1回
~職員が気を付けている事~
・お風呂の温度
・お風呂場での転倒
介護の仕事の中でも入浴介助は体力を要する仕事になります。しかし、利用者さんが気持ち良く入浴している表情を見ると、職員にとってもやりがいを感じられる様です。
排泄介助
・排泄全般の介助
・トイレに行く事が出来ない利用者さんのおむつ交換
排泄介助は仕事の中で最も難しい介助になるかもしれません。それは、介護を受ける利用者にとって、自分の排泄を他人に介助してもらう事は恥ずかしい事だからです。なので、意外にストレスを感じている利用者さんもいます。そうなってくると、大事になるのが利用者さんと職員の信頼関係がしっかり築かれている事がポイントになりますよね。それに、トイレに行きたいタイミングも利用者さんによって異なるので、常に気にかける様に職員の方も気を付けている様です。
食事介助
利用者さんが食事を安全に楽しんで食べられる様にサポートします。
高齢者の特徴として、
⇨・加齢によって歯が少ない
 ・噛む力が弱い      
提供される食事は、
・利用者さんに合わせて細かくカットされた物
・汁気の多い物
・柔らかく煮た物
このように、食べやすく調理された物が提供されている様です。また、食べ物が喉に詰まったりしない様に安全な姿勢をキープしてあげる等、常に気を付けて職員の方もサポートをしています。
レクリエーション活動
利用者さん個人個人のレベルに沿った「ゲーム」や「体の機能回復運動」を取り入れながら、集団で楽しく活動を行う事を指します。
例えば・・・
・工作活動
・歌を皆で歌う
・風船やボール等を活用した集団ゲーム
入居している利用者さんが楽しめる内容を、利用者さんの身体状況レベルに配慮しながら色々行っています。手先を動かしたり、皆と共に楽しむ時間は長生きのエッセンスにもなりますよね。レクリエーション活動を通して利用者さんとの距離を縮める事の可能になるので、職員の方も一緒に思いっきり楽しんでいる様です。
移動介助
【利用者が生活するうえで欠かせない移動】
・起きる    ・歩く
・立ちあがる  ・座る
どれも生活する上で欠かす事の出来ない運動機能です。しかし、高齢者と言うのは、立ち上がる時や歩行中等の移動中に誤って転んでしまう事が多くあります。それがきっかけで、寝たきり状態になってしまうケースもあります。そういった転倒事故を未然に防止する為にも移動介助は大事な仕事になっています。
口腔のお手入れ
歯ブラシをサポートし、口腔内を清潔に保てる様にします。職員が利用者さんの口腔内をブラッシングする際は、一緒に手を添えながら行います。なるべく利用者さん本人が自らブラッシングする事が可能になる様、介助をしながら目指していく取り組みも行われている様です 。
就寝介助
パジャマに着替えて、快適に就寝出来る様にサポートします。
~就寝介助の注意点~
・パジャマの上着をズボンの中に入れないと絶対寝れない
・靴下を練る時に必ず履かないと寝れない
等、利用者さんの中には自分のライフスタイルにこだわりを持っている人もいます。なので、職員はその利用者さん1人1人のこだわりを把握した上で就寝介助を行っている様です。
【深夜の排泄介助】
就寝介助では、夜中に利用者さんがトイレで目を覚ます場合があります。その際、職員は排泄介助する必要があります。寝覚めによる転倒に気を付けて介助を行っています。
 

『夜勤手当について』

  • 【長時間の夜勤の場合】
例えば、16時間勤務の様に勤務時間が長く夜勤もした場合、基本給の他にプラスで「夜勤手当」が会社から支給されます。夜勤手当の金額は各施設によって違ってきたり、また、職員が保持している福祉資格によっても金額に増減がある様です。
  • [夜勤手当の目安]
大体3000円~8000円位、給料に加算されているのが一般的になっています。
 

まとめ

今の日本は高齢化社会がどんどん進んでいるので、これからもっと介護職の需要は、大いに高まっていくと言えます。それに反映されて、今後は給料が今よりも更にアップしていく事が予測されます。介護職と言うは、直接人間の温かさに触れる事が出来、利用者さんからも大変感謝される仕事です。求人数は年々増え続けています。今後、もし長く働く事の出来る仕事を探していると言う方は、是非、介護職を検討してみてはいかがでしょうか?

新着ページ